株式用語辞典

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

らわ行

A~E

F~J

K~Q

P~T

U~Z

株式用語集を利用するのは大事な事です。株の業界では、普段では耳にすることがない言葉や独自の言い回しなどが存在しています。株式用語を理解する事は、情報収集や株の場面でも大いに役立つ事が出来ますので、ゆっくりで構いませんから少しずつ覚えていきましょう。

株式の専門用語を勉強しよう

株式の専門用語は非常に数が多いので、無理のない範囲で覚えましょう。大損をしないためのコツや現状維持のコツを勉強する際には、株式の専門用語の知識が役立ちます。例えば、「円高」や「円安」など、ニュースでよく目にする単語も株式の専門用語です。その他に、損益を計算する方法などを解説した専門用語もたくさんあります。経済史や新聞の経済欄を読んで、勉強しましょう。

株式用語集「格言」

初心者のための株式用語集「格言」を説明を踏まえて解説させて頂きます。

アタマとシッポはくれてやれ

アタマとシッポはくれてやれとは、株価が一番安いところで買い(しっぽ)、一番高いところで売る(あたま)のは難しい。
また、それを目指すと失敗しやすいので多少は目をつむって売買しようという意味です。

売り買いは3日待て

売り買いは3日待てとは、焦って取引をするなという意味。
買う前、売る前によく考えて売買しようという意味です。

シマッタは手仕舞え

シマッタは手仕舞えとは、自信を持って購入しても、期待に反して下がってしまった場合は潔く損切りしようという意味。

相場のことは相場に聞け

相場のことは相場に聞けとは、人に聞くより相場の動きを見て投資を行いなさいという意味。
人の言うことをアテにするよりも相場の動きの方が正しいということ。

卵は一つのカゴに盛るな

卵って割れやすいですよね?一つのカゴで運んでいて転んだ場合、全て割れてしまいます。
つまり、卵は一つのカゴに盛るなとは 投資も一つの銘柄や同業種だけに投資してしまうと、失敗した際に被害が大きいので「分散投資」を心がけましょうという意味。

天井3日、底100日

天井3日、底100日とは、株価が高値圏にある時期(天井)は短いが、株価が安値圏にある時期(底)は長いという意味。

人の行く裏に道あり花の山

花見をしたい場合、多くの人と一緒の場所に行っては場所もなく くつろげません。
ちょっと裏道を通って、人と違う場所で花見が出来れば最高です。

つまり、人の行く裏に道あり花の山とは、投資に当てはめると、みなが買っている時に売り、みなが売っている時に買うといった、他の人とは違う行動(反対売買)を行うことで利益を得ようという意味です。

もうはまだなり、まだはもうなり

もうはまだなり、まだはもうなりとは、もうそろそろ株価が下げとまるかなと思っているとまだ下がっていったり、まだ株価が上がるだろうと思っていると、もう下がってしまうこと。

休むも相場

休むも相場とは、売買をしないでときには休むのも株式投資のひとつだよという意味。
状況が掴めない状態で無理に取引をすると失敗しやすくなる。

利食い千人力

利食い千人力とは、利益を確定させることは千人の力を得るようなもの。
どんな時でも利益を確定させることが大事だという意味。

ぜひ株式用語集を活用して、株式投資に役立ててください!
また、こんなコンテンツがあったらいいのに!という提案がありましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

優良サイト一覧バナー

▼評価をお願いします!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※評価はお済ですか?★の数が少なければ悪徳or多ければ優良となります。

コメントは受け付けていません。